どの不動産会社に依頼をするのか

ほとんどの人は不動産売却時には、不動産会社に仲介してもらうことになるでしょう。
そうなれば、当然ですがどの不動産会社に依頼をするのかが大きなポイントとなるわけです。

大手の不動産会社に依頼する

大手で実績ある不動産会社に依頼するのが、最も無難な選択肢かもしれません。
買い手も必然的に大手に集まる傾向があるので、スムーズに購入者を見つけられる可能性も高いです。
また、大手であれば簡易査定を無料で行ってくれるところも多いので、とりあえず何社か利用してみるのもいいでしょう。
ただ、大手の場合はどうしてもマニュアルや形式に沿って手順を進めることが多いので、自分が希望する金額より安く査定されるケースも多くなってしまいます。

地域密着型の不動産会社に依頼をする

一方で、大手ではなく地域密着型の不動産会社に依頼をする方法もあります。
もし良い業者を見つけることができれば、少しでも高く売却できるよう親身になって尽くしてくれる可能性も高いです。
また、地域に精通しているのも大きな強みであり、その会社だからこそのノウハウを持っていたりするのです。
ただ、どうしても大手に比べると情報不足な面は否めませんし、優良業者を探すにも手間がかかるでしょうから、そこは大きなデメリットだと言えます。

不動産会社によって得意分野も異なる

例えば、一戸建て住宅の売却を得意とする不動産会社もあれば、マンションの売却に長けた業者も存在します。
また、地域情報の豊富さを売りとしているところもあれば、買い手との交渉術を得意としているところもあります。
このように、不動産会社によって得意分野も異なるので、自分の条件とマッチしているかどうかも大事な要素だと言えます。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »