そもそも不動産会社の役割とは

不動産売却を行うにあたって、大多数の人は不動産会社に依頼をすることになります。
では、そもそも不動産会社の役割はなんなのでしょうか。

不動産売買をサポートしてもらう

不動産を売る際に、購入希望者を自分自身で探して、直接その相手と交渉ややり取りをすることも不可能というわけではありません。
ただ、実際はその際に様々な法律や税金の問題が生じることになるので、それを全て自分たちで解決するのは困難だと言えます。
だからこそ、よほどの専門知識がある人でない限りは、不動産会社に売買のサポートをしてもらうわけです。

不動産会社が行うことは

不動産会社が行うこととして、1つは不動産を査定して価格を決めることです。
もちろんその際には、売り主としっかりと相談をした上で決めることになります。
また、購入希望者を探し出してくれたり、売り主と買い主との交渉の際に仲介人になってくれたりします。
特に、法律関連の複雑な部分に関しては、しっかりと丁寧に説明をしてくれるのです。
その後も、売買契約書の作成や、引渡し時のサポートも行ってくれるので、まさに必要不可欠な存在だと言えます。

当然ながら仲介手数料が必要

言うまでもなく、不動産会社を利用する際には仲介手数料が必要となります。
業者によって金額が異なるのはもちろんですが、契約までに費やした時間や、どこまでサポートしてもらうかによっても違ってきます。
いずれにしても、事前に見積もり金額を出してもらって、どこに依頼するかを検討するといいでしょう。

売買契約はあくまで当事者で決める

ただし、不動産の売買契約はあくまで当事者同士で決めることになりますし、不動産会社はいろんなサポートはしてくれますが、最終的な決断は売り主と買い主で決めるのです。

関連する記事